女性が知らない男の怠惰。

映画や音楽。そして性的嗜好を赤裸々に綴ったブログです。貴方の目に留まるご縁を。

「午前十時の映画祭」素晴らしい企画なのに…

「午前十時の映画祭」という企画、4月から9回目を開催するようです。

名作を観たことがある人、ない人、両者にとって、この企画は素晴らしいと思います。

TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマ、イオンシネマ、MOVIXなどで上映。

近くのシネコンでも「午前十時の映画祭」をやっていますが、いつも残念に感じていることがあります。。

それは、例えば、10スクリーンあるうちの一番小さなスクリーンで、この企画を開催していることなのです。鑑賞料金も¥1,100だし、リバイバルということでしょうがないのかもしれませんが、観客の立場からすると、観に行く気持ちが萎えてしまうのです。観に行かない理由になってしまうのです。

シネコン側の、しょうがなく開催している姿勢を想像してしまうから…

昨今は、一般家庭でも40インチのTVで映画鑑賞ができるようになりました。大きな画面が昔より身近になっているのです。

だから、昔の作品をもう一度スクリーンで観れるだけではなく、大スクリーンという付加価値が欲しいのです

大スクリーンでもう一度観れる!と感じさせてほしい。

 簡単にレンタルできる作品を、映画館へ観に行く大きな理由がこちらは欲しいのです。

せめて、中くらいのスクリーンで上映してもらえないでしょうか?

タイタニック」「トップガン」「E.T.」がそういう扱いだったら非常に寂しいと心配します。大きなスクリーンのイメージが特に強い作品だから。

七人の侍」も、黒澤明監督の作品だったら画面、構図を大スクリーンで鑑賞したいと思う方は少なくないはずです。

そして、「やはり映画は、映画館で観なければダメだな」と心底思いたい(常に思っていますが)

 

※午前十時と言わず、十四時くらいからの午後のロードショーテレビ東京)のような時間帯も希望します。