女性が知らない男の怠惰。

映画や音楽。そして性的嗜好を赤裸々に綴ったブログです。貴方の目に留まるご縁を。

あの女性が表現していた言葉

以前、SNSで、淫靡なメッセージのやり取りをしていた女性がいました。普通の会話がとても丁寧で、日本語をとてもきれいに扱う女性でした。

ところが、性の会話になると一転。

豊かな表現力で自分を欲情の真っ只中へ、誘い込んでくれる女性でした。

 

彼女が使った言葉から、単語だけ挙げてみます。

 

蠢く

下品な私

トロほかま〇〇

陰茎

陰嚢

猛った

官能

快楽の渦

倒錯

アヘ顔

弄ぶ

下品に咥え

発情

忠誠

蕩けた

お〇んぽ

 

・・・これは一部分なのですが、女性は使う言葉の種類が豊富です。

最近使われる言葉でいうなら「語彙力」があると表現すればよいでしょうか。

 

自分には明確な性欲がありますが、これだけの具体的な言葉を並べて、相手に欲望を投げかけられないでしょう。

彼女に実際に会っていたら、こんな言葉を、次から次へ投げかけられて、実際はこれに音や触感、視覚、嗅覚が伴うのです。

自分も負けじと、いやらしく卑猥な言葉で応じるでしょうが、女性の方が何枚も何枚も上手でしょう。言語で勝負しようとすら思えません。

 

外国の研究では、男性が1日に発する単語数は平均7,000語。

女性の場合は平均20,000語――およそ3倍もの単語数を発しているという記事を思い出しました。

 

女性が創り出す官能の世界に、未だ知らない世界に放り込まれ、淫らな言葉に塗れ骨抜きにされ、へなへなにされ立っていられなくなってしまったら・・・

そんな男を見ることで、さらに自らの快楽が増すような女性がいたら・・・

・・・またいつもの妄想が始まります。

 

女性の欲は深く底なしです。

普段、そう感じさせないところが、その欲は、「はかり知れない」と想像することに拍車をかけます。

 

f:id:jwpiano:20201025183246j:plain